×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

背中ニキビの治し方

背中にできたニキビの治し方や予防策、ニキビ跡の消し方について紹介します。背中ニキビに悩んでいる方に参考になる情報をお届けします。
トップページ > 背中ニキビの発生には?
ページの先頭へ

背中ニキビの発生には?

背中ニキビの発生には、乾燥、睡眠不足、疲労という物理的ストレス、そして精神的ストレスになります。

大きなストレスによる負荷がかかると、自律神経のうち交感神経が活発になります。

交感神経が活発になると、男性ホルモンの分泌が過剰になり、ホルモンバランスの乱れが起きてしまいます。

男性ホルモンは皮脂分泌の促進をし、角栓の発生に加え、毛穴の縮小を引き起こします。

背中ニキビを治療する際は、大人ニキビと同様に、ビタミンC誘導体を保有したローションだったり化粧水による保湿、毛穴をふさいでいる角質を取り去るためのピーリングをメインに行います。

ピーリングはクリニックだけでなく、自宅でもでき、簡単に行えます。

お風呂に入る際ににピーリングローションを使えば、古い角質をオフし、その上薬剤を肌に残す恐れもなくなります。

お風呂上がりにしっかりと保湿することが大事です。

背中をはじめ、二の腕やお尻、太もも、ふくらはぎなどにブツブツができている場合には、毛孔性苔癬かもしれません。

毛孔性角化症とも呼ばれるように、その原因は古い角質の肥厚化です。

ニキビと似てはいるものの、大きな違いは細菌による炎症ではない点です。

その要因は遺伝的要素が強く、年齢を重ねるたびに自然に治っていることも多いといいます。

背中ニキビを治したり、防ぐために積極的に摂りたい栄養素としては、ビタミンB群に注目です。

豚肉やレバー、乳製品などに含まれるビタミンB2、カツオやマグロ、鶏ささみなどに含まれるビタミンB6には、皮脂分泌を減らす効果があります。

かぼちゃやにんじんがたっぷり含むビタミンA、ゴマや玄米に多くある亜鉛、レモンやイチゴに入ったビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ち新陳代謝を促します。

大人の背中ニキビは、不規則な生活を送り、寝不足がちで、食生活の乱れが積み重なって引き起こします。

自律神経が乱れると、ホルモンバランスの乱れも引き起こし、肌トラブルを誘発します。

気になる人は、生活を見直してみましょう。

栄養バランスに気をかけ、ビタミン類を多く含む食事をとるなどし、日々規則正しく過ごし、しっかりと眠ることが重要です。

ニキビが顔や胸にはなくても、背中にできてしまったニキビだけが悪化している人も多いようです。

顔とは違い、背中にできるニキビは気づきにくいケースも多く気付くころには慢性化し、長期にわたる治療が必要となることがあります。

かゆみや痛みが強く感じられるときには、専門医を受診するようにしましょう。

炎症が強かったり重症化してしまうと、ニキビ跡が残ってしまう場合があります。

人には誰しも、皮膚にマラセチア菌という常在菌の棲家となっており、このマラセチア菌は人間の皮脂を好む性質を持っています。

皮脂が詰め込まれた白ニキビの中は、マラセチア菌にとっては最高の棲家。

ニキビ内にマラセチア菌が入り込むと、皮脂を蓄えながらトリグリセリドと呼ばれる、皮脂に含まれる中性脂肪を遊離脂肪酸という刺激物質に変えてしまうのです。

肌の新陳代謝が活発になる午後10時から午前2時に、しっかり睡眠時間を設けることはストレスをやわらげてくれます。

ストレスを溜め込むと交感神経が刺激され、背中ニキビに繋がる糖質コルチノイドが作られます。

きれいな寝具でしっかり睡眠をとることは、ストレスカットにも貢献しニキビ発生も抑えられるうれしいニキビ予防法です。

背中を洗うとき、綺麗にしたいからといって、綿編みタオルやボディブラシのようなもので乱暴に洗ってはいけません。

刺激を強く与えることで肌のバリア機能が低下したり、背中ニキビができている場合には、傷を付けることで炎症をさらに悪化させてしまいます。

汚れ、余分な皮脂、そして古い角質などはきれいにしなければいけませんが、こすり過ぎは厳禁です。

背中ニキビを阻止したいなら、バスタイムに大きな原因があります。

洗顔には気を使うけど体を雑に洗ってる人は要注意です。

背中ニキビは、わざわざ鏡を二枚も使って見でもしなければ、探し出せはしないのに、背中が大きく開いた服装を着ると、結構人目についてしまう、実に厄介な肌トラブルです。

Copyright (c) 2014 背中ニキビの治し方 All rights reserved.