×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

背中ニキビの治し方

背中にできたニキビの治し方や予防策、ニキビ跡の消し方について紹介します。背中ニキビに悩んでいる方に参考になる情報をお届けします。
トップページ >
ページの先頭へ

背中ニキビを改善したり、予防したりするのに大切な栄養素

背中ニキビを改善したり、予防したりするのに摂るようにしたい栄養素としては、ビタミンB群に注目です。

豚肉やレバー、乳製品などがもつビタミンB2、カツオやマグロに、鶏ささみなどにも含まれるビタミンB6には、皮脂分泌を抑えるよう働きます。

かぼちゃやにんじんがたっぷり含むビタミンA、ゴマや玄米に多くある亜鉛、レモンやイチゴに入ったビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ち新陳代謝を促進します。

人間の皮膚は、マラセチア菌という常在菌が存在し、これらは皮脂を好みます。

中が皮脂でいっぱいになった白ニキビの内部は、マラセチア菌の棲む絶好の環境となります。

ニキビ内にマラセチア菌が入り込むと、たっぷりの皮脂を取り込みながら増殖し、皮脂の成分の一つであるトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸、つまり刺激物質に変えてしまいます。

肌の新陳代謝が活動的になる午後10時から午前2時に、しっかりと睡眠をとることはストレスの軽減へと繋がってきます。

ストレスの重圧で交感神経が刺激されて、背中ニキビをもたらす糖質コルチノイドが生成されます。

清潔な睡眠環境でしっかり眠ることは、ストレス緩和にも効果を発揮しニキビ発生をも防ぐうれしいニキビ予防法です。

背中を洗うとき、汚れが気になるからとはいえ、ナイロンタオルやボディブラシを持ってゴシゴシと洗ってはいけません。

肌のバリア機能が強い刺激によって低下したり、背中ニキビがある場合には、傷がついたら炎症がもっと悪化してしまいます。

汚れ、余分な皮脂、そして古い角質などは洗い去る必要がありますが、こすり過ぎは厳禁です。

顔や胸といった部位にはニキビがないのに、背中にできてしまったニキビだけが悪化している人も多いと聞きます。

顔や胸にできるニキビと違って、背中ニキビは悪化するまで気がつきにくく、気付いた時には慢性的な症状となっており、治療が長引くことがあります。

かゆみや痛みがひどい場合は、専門医を受診するようにしましょう。

炎症が強く重症になってしまうと、ニキビ跡が消えない事態にもなりかねません。

背中ニキビ発生の第一段階は、乾燥、睡眠不足、疲労という物理的ストレス、そして、精神的ストレス。

強いストレスが与えられると、自律神経のうち交感神経が活発になります。

交感神経が優位になると男性ホルモンが過剰に分泌され、通常のホルモンバランスが狂ってしまいます。

男性ホルモンは皮脂を分泌させる作用を強め、角栓を発生させ、その上毛穴の縮小を引き起こします。

大人になってからできた背中ニキビは、不規則な生活を送っていたり、睡眠不足、食生活が乱れているときなどにできやすくなります。

自律神経の乱れが起きると、ホルモンバランスも崩れて、肌トラブルに繋がります。

とりあえず生活を見直してみましょう。

食事にビタミン類を含む食材を取り入れるなど、栄養バランスにも気をつけ、規則正しい生活を心がけて、睡眠時間を多めに取ることが大切です。

背中ニキビを阻止したいなら、入浴時に注意すべき要因があります。

洗顔には気を使うけど体を雑に洗ってる人は要注意です。

背中ニキビは、鏡を二枚使ってまで見ようとしない以上、なかなか目につかない割に、首と背中が開いた服を身に付けると、結構人目についてしまう、非常に厄介な肌トラブルです。

背中をはじめ、二の腕やお尻、太もも、ふくらはぎなどにブツブツしたものができているときには、毛孔性苔癬の可能性が挙げられます。

毛孔性角化症と言われることもあるように、原因は古い角質の肥厚化です。

ニキビと似てはいるものの、大きな違いは細菌による炎症ではない点です。

原因としては遺伝的要素が強く、年齢を重ねるたびに何もせずとも治るケースも多いと言われています。

背中ニキビを治すには、大人ニキビと同じようにビタミンC誘導体を保有したローションだったり化粧水で保湿、毛穴をふさぐ角質をピーリングすることが中心になります。

ピーリングはクリニックに限らず、自分でも簡単にできます。

お風呂でピーリング用の石鹸を使うことで、古い角質を取り除くだけでなく、薬剤を肌に残さず済みます。

入浴後は保湿をしっかりと行うことも大切です。

背中を洗うときはやさしく洗って!

背中を洗うときは、汚れを落とすためとはいえ、垢すりタオルやボディブラシでゴシゴシと洗ってはいけません。

刺激を強く与えることで肌のバリア機能が低下したり、すでに背中ニキビができている場合には、傷を付けてもっと炎症させてしまいます。

汚れや余分な皮脂・古い角質といったものは洗い流す必要がありますが、こすり過ぎないように気を付けましょう。

肌の新陳代謝が活動的になる午後10時から午前2時に、しっかりと眠っておくことはストレスを減らすことになります。

ストレスを溜め込むと交感神経が刺激され、背中ニキビを誘発する糖質コルチノイドができます。

清潔な睡眠環境でしっかり眠ることは、ストレスをやわらげることにもなりニキビが発生しないようになるメリットの大きいニキビ予防法です。

背中、二の腕、お尻、太もも、そしてふくらはぎなどにブツブツがあるのに気づいたときは、毛孔性苔癬かもしれません。

毛孔性角化症と呼ばれることもあり、古い角質の肥厚化によってできます。

ニキビと似てはいますが、細菌が起こす炎症でないという点で大きく異なります。

遺伝的要素からくる原因が強く、年齢を重ねるたびに自然に治るケースも多いようです。

人には誰しも、皮膚にマラセチア菌という常在菌が存在し、これらマラセチア菌は皮脂を好んでいます。

皮脂が詰め込まれた白ニキビの中は、この菌にとっては絶好の環境です。

ニキビの中へマラセチア菌が入り込むと、多量の皮脂を餌に瞬く間に増殖して、皮脂の成分の一つであるトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸という刺激物質に変えてしまうのです。

背中ニキビをケアするときには、大人ニキビと同じくビタミンC誘導体を含むローションや化粧水によって保湿し、毛穴にフタをしている角質をピーリングすることが中心になります。

ピーリングはクリニックだけでなく、自宅でも手軽に行うことができます。

入浴時にピーリング石鹸を使用すれば、古い角質をオフし、その上薬剤を肌に残さず落とせます。

入浴後は保湿をしっかりと行うことも大切です。

背中ニキビの予防・対策を考える際、入浴時に注意すべき要因があります。

丁寧に洗顔していても体のほうはそれなりだという人はご注意を。

背中ニキビは、みずから鏡を鏡合わせにして見ようとしないかぎり、探すことが難しいのに、タンクトップなど背中が露出する服装をすると、結構人目についてしまう、非常に厄介な肌トラブルです。

背中ニキビができる原因としては、乾燥や寝不足、疲れなどの物理的ストレス、また精神的ストレスによるものです。

大きなストレスによる負荷がかかると、自律神経のうち交感神経が活発になり始めます。

交感神経が優位になると男性ホルモンが過剰に分泌され、ホルモンバランスの正常値が崩れてしまいます。

男性ホルモンは皮脂を分泌させる作用を強め、角栓の発生、さらに毛穴の縮小まで引き起こす性質を持っています。

背中ニキビを改善・予防するのに摂るようにしたい栄養素としては、ビタミンB群があります。

豚肉をはじめ、レバー、乳製品などに含まれるビタミンB2、カツオやマグロに、鶏ささみなどにも含まれるビタミンB6には、皮脂分泌を抑えるよう働きます。

かぼちゃ・にんじんに含有されたたっぷりのビタミンA、ゴマや玄米に含まれている亜鉛、また、レモンやイチゴに含まれるビタミンCは、粘膜や肌を健康にし、新陳代謝をアップさせます。

顔や胸にはニキビなんて見られないのに、背中にできたニキビだけが悪化する人も多いようです。

顔とは違い、背中にできるニキビは気がつくまで時間がかかる場合も多く、気付くころには慢性化し、長期にわたる治療が必要となることがあります。

かゆみ、痛みが強いときは、出来る限り専門医を受診しましょう。

炎症が強く重症になってしまうと、ニキビ跡が残ってしまう可能性があります。

大人になってから発症した背中ニキビは、不規則な生活を送り、寝不足がちで、食生活が乱れているときなどにできやすくなります。

自律神経が整った状態でないと、ホルモンバランスも崩れて、肌トラブルを誘発します。

気になる人は、生活を見直してみましょう。

ビタミン類を多く含んだ食事など栄養バランスを意識し、規律ある生活を心がけ、充分な睡眠時間を取ることが大切です。

人間すべての皮脂にはマラセチア菌が存在する

人間すべての皮脂にはマラセチア菌という常在菌が存在し、このマラセチア菌は皮脂を好みます。

中が皮脂でいっぱいになった白ニキビの内部は、この菌にとっては絶好の環境です。

ニキビの中にマラセチア菌が入ってしまうと、たくさんの皮脂を食べながら増えてゆき、皮脂に含まれるトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸という刺激物質へ変化をさせてしまいます。

ニキビが顔や胸にはなくても、背中にできてしまったニキビだけが悪化している人も多いと聞きます。

顔とは違い、背中にできるニキビは深刻化するまで気がつかない場合も多く、気付くころには慢性化し、長期にわたる治療が必要となることがあります。

ひどくかゆかったり、痛んだりする場合は、出来る限り専門医を受診しましょう。

重症化し、炎症が強くなったりすると、ニキビ跡が残ることにもなりかねません。

午後10時から午前2時の、肌の新陳代謝がアップする時間に充分睡眠をとるのはストレス軽減にも繋がります。

ストレスがなくならないと交感神経が刺激されて、背中ニキビを誘発する糖質コルチノイドができます。

清潔な寝具で十分な睡眠をとることは、ストレス軽減にも役立ちニキビ発生も食い止めるこの上ないニキビ予防法です。

背中ニキビの発生には、肌の乾燥、睡眠不足や疲労という物理的ストレス、また精神的ストレスによるものです。

大きなストレスを受けることで、自律神経のなかでも交感神経が活発な反応を示します。

交感神経が優位になったら、過剰に男性ホルモンが分泌されるようになり、ホルモンバランスの乱れが起きてしまいます。

男性ホルモンは皮脂を分泌させる作用を強め、角栓の発生、さらに毛穴の縮小まで引き起こす性質を持っています。

背中ニキビの予防・対策を考える際、はじめに挙げられる要因がお風呂です。

こまやかに洗顔をしていても体のほうはそれなりだという人はご注意を。

背中ニキビは、わざわざ鏡を二枚も使って見でもしなければ、見つけることが出来ないのに、首と背中が開いた服を身に付けると、結構人目についてしまう、実に厄介な肌トラブルです。

大人になってから発症した背中ニキビは、不規則な生活を送り、寝不足がちで、食生活の乱れが積み重なって引き起こします。

自律神経が乱れると、ホルモンバランスの乱れも引き起こし、肌トラブルを誘発します。

まずは生活を見つめなおしてみてください。

ビタミン類を多く含んだ食事をなど栄養バランスにも気をつけ、日々規則正しく過ごし、しっかりと眠ることが重要です。

背中ニキビを改善・予防するのに摂るべき栄養素は、ビタミンB群です。

豚肉やレバー、乳製品などに含まれるビタミンB2、カツオ、マグロ、鶏ささみなどが含有するビタミンB6には、皮脂分泌を減らす効果があります。

かぼちゃ・にんじんに含有されたたっぷりのビタミンA、ゴマや玄米が含む亜鉛、レモンやイチゴに含まれるビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ち新陳代謝を促進します。

背中を洗うとき、汚れを落としたいといっても、たとえば垢すりタオル、ボディブラシで乱暴に洗ってはいけません。

強い刺激を与えて肌のバリア機能を弱めたり、すでに背中ニキビができている場合には、傷がついたら炎症がもっと悪化してしまいます。

汚れ、余分な皮脂、そして古い角質などは洗い流さないとなりませんが、優しく、こすり過ぎないようにしましょう。

背中、二の腕から、お尻や太もも、ふくらはぎなどにブツブツができている場合には、毛孔性苔癬の可能性が挙げられます。

またの名を毛孔性角化症といい、その原因は古い角質の肥厚化です。

ニキビと似てはいるものの、大きく異なるのは細菌が起こす炎症ではない点です。

遺伝的要素からくる原因が強く、年齢を重ねていくうちに自然に完治する場合も多いと言われています。

背中ニキビへのアプローチは大人ニキビと同じくビタミンC誘導体を保有したローションだったり化粧水で保湿、毛穴をふさぐ角質を取り去るためにピーリングが中心になります。

ピーリングはクリニックだけでなく、自宅で行うのも簡単です。

入浴時にピーリング石鹸を使えば、古い角質を除去するだけでなく、薬剤を肌に残す恐れもなくなります。

入浴後は十分な保湿を行うことも大切です。

背中ニキビが治らないと嘆く前に

背中ニキビや背中にできたぶつぶつ(吹き出物)を放置してしまうと、どんどん悪化して増えていきます。背中の一部から全体に広がってしまう場合もあるので、あとで取り返しのつかないことになる前に、しっかりと早めの対策と背中ニキビ跡のケア、予防策を打つことが大事です。

★背中ニキビが治らないと嘆く前に

背中ニキビがなかなか治らない人の特徴は、背中を清潔にしていないことが挙げられます。まずは背中に汚れがたまらないように、清潔な服を着る、汗をかいたら細めに拭き取る、シャンプーや石鹸のすすぎ残しがないようにする、ということを意識することが大事です。

事前にこれらのことを意識して実践することで、今できているニキビを悪化させず、かつ繰り返し背中ニキビが発生させないように先手を打つことが最初のステップです。

★背中ニキビは保湿ケアが大事

背中ニキビをより早く治すために、背中を乾燥させないことが重要です。乾燥が原因でニキビを起こす人が多いため、しっかりと汚れを落とした後は保湿をすることで、背中ニキビができにくい肌にしましょう!

★市販の薬ではなく背中ニキビ専用の薬がオススメ

ドラッグストアで売っているようなニキビ薬ではなく、ネットでも買える背中ニキビに特化した薬がオススメです。顔にできるニキビ薬を使うよりも、よりスピーディーに治すことができます。

もちろん、皮膚科に通ってレーザー治療をして治す方法もありますが、20万近くかかってしまって現実的ではないので、自力で治す方が良いと思います。背中ニキビ専用の薬であれば、安く早く治すことができます。

記事執筆参考WEBページ:

顔汗止め方

脇汗止める薬

脇汗抑える

ラポマイン口コミ

背中ブツブツ

ファリネ手汗多汗症

疲れを取るサプリ

ノアンデの口コミ

陰部の黒ずみ

Copyright (c) 2014 背中ニキビの治し方 All rights reserved.